生活習慣と薄毛




>>育毛剤についてもっと見るなら<<



最近若い10代、20代の人にも薄毛が増えている原因の1つとして、不規則な生活というものが挙げられます。薄毛対策なんて全く考えることもなく、朝まで飲み明かしたり栄養のかたよった食事をしたり、過度の飲酒や喫煙などを繰り返してしまう若い人が多いようです。薄毛対策は早いうちから始めたほうが進行は遅くなります。今の不規則な生活を改めることによって、薄毛の進行を遅らせることが出来るのですから、まずは自分の生活を振り返ってみることが大切です。薄毛対策に禁物な睡眠不足ですが、睡眠不足になると体の新陳代謝が悪くなり体全体に栄養が行き渡らなくなります。命にかかわる体に栄養が行き渡らなくなると、本来なら髪に行き渡るはずの栄養分までも体のほうにとられてしまうので、必然的に薄毛が進行することになります。薄毛対策を真剣に考えるのなら、夜9時頃には布団に入ることを心がけ理想としては8時間の睡眠をとりましょう。髪の血行が悪くなると髪の成長が妨げられますが、通常眠りが深くなるだろう時間に起きていることによって、アドレナリンが多量に分泌されて血管の流れが悪くなり、髪に栄養が行き渡らなくなることで結果的に薄毛を進行させてしまうのです。まずは自分の体の健康状態を良くすることで、薄毛の対策にもなりますから、心身ともに健康な生活をするように心がけたいものです。

>>発毛剤の口コミはこちらから

マッサージが薄毛に効果

薄毛対策として有効なのが頭皮のマッサージというものです。頭皮の血行が悪くなると髪に栄養分が行き渡らなくなるために薄毛を進行させてしまうことになります。薄毛対策を考えているなら、頭皮の血行をよくするためにマッサージが効果的なのですが、薄毛対策マッサージは入浴後の温まったときにすると更に良いでしょう。指の腹を使って優しく頭皮をもみあげるようにマッサージをしたり、こめかみから頭頂部にあるツボを刺激すると血行が良くなり薄毛対策に効果的なので実践されてみてはいかがでしょう。マッサージをする時間がないという方なら、暖かいタオルを頭頂部に乗せておくだけでも頭皮の血行を良くする働きがあるのでおすすめです。薄毛対策にはストレスも禁物ですから、入浴後のリラックスタイムに頭皮のマッサージをして心身共に疲れを落とすことで、相乗効果で若ハゲ対策に有効になります。薄毛を気にするあまり髪を触らない人もいるようですが、リラックスできる位の程よいマッサージをすることによって、髪の成長を促す作用もありますから効果的に取り入れてみましょう。他にも髪の生え際をマッサージしたり指先で軽くタッピングするのも、薄毛対策に効果的ですので、自分で気持ちの良い程度に日々の入浴後の習慣とすることをおすすめします。

薄毛対策にブラッシング

薄毛を気にするあまり、毎朝のブラッシングで毛が抜けるのが怖くて、普段からあまり髪をとかさずにいる人もいるようです。薄毛対策には、ブラッシングは非常に重要な役割をもつものなので、正しいブラッシング方法を身につけることが大切です。
正しいブラッシングをすることによって、頭皮の血行が良くなり新陳代謝が高まりますし、マッサージ効果も同時に得られるので薄毛対策には極めて有効な手段といえます。薄毛対策としてブラッシングをする際に注意する点としては、ゴシゴシと力をいれてブラッシングをすることによって、髪を守るキューティクルがはがれてしまうことがあります。何回も髪をとかしすぎるのも髪を傷つける原因になるので、クシの柄の真ん中部分をもって優しくブラッシングして、上手に薄毛対策をしましょう。薄毛対策に効果のあるブラッシング方法としては、まず静電気が起きずらいクシを使い、髪が生乾きの状態のときに行いましょう。髪が乾ききっているときにブラッシングをすると、髪を傷めてしまい薄毛対策としては好ましくありません。ヘアローションや水などを使って、髪をある程度湿らせてから生え際から頭頂部に向けてブラッシングをしたり、軽くトントンと頭皮に刺激を与えるように叩くと、薄毛対策に有効なマッサージ効果も得られます。

若ハゲ対策しっかりと

若ハゲ対策として忘れてはいけないのは紫外線を予防することです。若ハゲが気になる人は長時間紫外線を浴び続けるのは禁物です。紫外線を長時間浴び続けると、頭皮を守る役割をするキューティクルがはがれたり、頭皮の温度を下げてしまうので髪が生えづらい状態になってしまい、更に若ハゲが進行してしまう恐れがあります。
若い人に多く見られる朝シャンをして、髪が完全に乾いていない状態のまま外出をすると、紫外線の影響をもろに受けてしまうので、若ハゲ対策としては朝シャンは避けるべきです。若ハゲ対策に紫外線は禁物だとすると、まずは帽子などを被ったり日傘をさして外出をすることが必要であることが分かるかと思います。
ただ、この帽子というのも注意が必要で、通気性の悪い帽子を被り続けていると頭皮が蒸れてしまい、若ハゲ対策には逆効果になってしまいます。若ハゲ対策に帽子を被る際は、通気性の良いつばの広い帽子を被り、日のあたらない場所ではたまに帽子をぬいで頭皮の蒸れを防ぎましょう。
又、若ハゲ対策に有効な日傘もしっかりとUV加工された日傘を選ぶ必要があります。冬や曇りの日でも紫外線というのは差しているものですから、常日頃からの若ハゲ対策を怠らないように心がけましょう。

発毛剤と育毛剤

発毛を考える時、育毛剤を考えることが多いと思います。飲む育毛剤や塗る育毛剤に頼るばかりではなく抜け毛予防には毎日の食事をバランスのいいものに変えていくことも大切です。現代の食生活では動物性のたんぱく質は必要量以上の摂取をしているといえます。髪の毛の成分といえるケラチンはたんぱく質の一種ですが過剰な動物性たんぱく質の摂取は抜け毛の原因であると考えられますから、良質なたんぱく源である納豆や豆腐など大豆製品の摂取を心がけましょう。そして、体全体の調整を行ってくれるビタミンを摂取することを心がけるといいですね。
飲む育毛剤を飲む前に、抜け毛予防に良いといわれる昆布やわかめなどの海藻類やかきやレバー、いわしなどに含まれるミネラル類も体にとっては必須の微量要素ですが、体内では一切生成できない成分ですから意識して摂取することが必要です。不健康な食生活が、抜け毛を加速させる要因ともなりますので、食生活と抜け毛の因果関係を見過ごすことは出来ません。

髪の毛 薄めの原因

髪の毛だけでなく眉毛まで薄い人がいます、眉毛まで薄くなるとさすがに、病気ではないかと気になります その原因を探っていきますと次の記事が見つかりました 「医療ニュースによりますと」

《男女とも血液中の鉄が不足すると脱毛が起こるWebMD Medical News
Reviewed by Louise Chang, MD
【5月17日】脱毛が起きているとしたら、鉄欠乏の可能性がある。
40年間にわたる研究のレビューにより、鉄欠乏は、大多数の医師の認識よりはるかに脱毛に関連が深いことが示されている。鉄は発毛を回復する鍵となる可能性があることをクリーブランド・クリニックの皮膚科医は認めた。
「脱毛の治療は、貧血の有無に関わらず、鉄欠乏を治療すると強化されると考えられる」とLeonid Benjamin Trost, MD、Wilma Fowler Bergfeld, MD、およびEllen Calogeras, RD, MPHは『Journal of the American Academy of Dermatology』5月号に記している。》

と、ありますから鉄の欠乏が眉毛まで薄い原因かも知れません また

ビタミンB2不足やビタミンEの過剰摂取,脂質の過剰摂取,または,シャンプー剤のすすぎ不足,真菌など,いずれか一つ,または,複数が係わって皮脂の分泌異常が原因なのかもしれません。
もし,そうであれば,皮膚科を受診することも視野に入れておくようにしてください。

若い人の薄毛・抜け毛は

男性で薄毛、抜け毛で悩んでいるひとは多いと思いますが、気の毒ですが20代のうちから額のサイドが

後退をはじめてしまうとまだ若いうちに何とかしたいと思うでしょう。

薄毛・ハゲ対策にシャンプーや育毛剤・発毛剤を買ってみたくなります

しかし薄毛やハゲに発毛剤・育毛剤の高額品を購入してみても解決はしないでしょう

髪の毛は毛根の細胞分裂することで作られるということが研究で解明されています

又髪の毛の成分である栄養がしっかり毛根へ届かないと薄毛やハゲの予防にはならず

育毛や発毛も望むことはできません

本当に発毛・育毛を望むなら発毛剤や育毛剤に安易に頼ることではなく

ストレスの解消と食生活の見直しこそ最も留意すべき点です

食生活をまず改善しストレスのない生活を心がけそれでも、薄毛・抜け毛が改善しないときは

専門のヘアカウンセラーやお医者さんに相談することです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。